Uncategorized

予約連絡で気をつける点

人間と同じで動物の病気も多岐にわたります。また緊急性についても電話だけでは判断しかねる場合もありますので、基本的には「診てほしい」と言われる限りは診療します。但し動物よりも飼い主さんが、気が動転されていることがよくありますので、少し冷静になって症状を獣医師、動物看護師にお伝え下さい。
症状で圧倒的に多いのが嘔吐や下痢などの症状がある消化器疾患で昨年度で約350件ありました。続いては中毒や誤飲、誤食などによるものです。
混み合うのはやはり年末年始や5月のゴールデンウィーク等です。今年の大型連休も平均の倍の件数を診療数がありました。
年間を通じての件数は昨年度で1500件。広島のみならず福岡、岡山、島根、山口といった他県から来られる方もいらっしゃりました。
熱中症については、一昨年の約50件に比べて昨年は約10件と大幅に減少しました。これは飼い主さんがしっかり勉強されて、予防に努められた成果だと思います。この病気について最も注意が必要なのは老齢犬です。身体機能は確実に落ちていますので、外見上は変わらないからと過信せず、小さな変化も見逃さず、早めの受診をお薦めします。
家族の一員である動物達が1日でも長くみなさんと一緒に幸せに暮していけるように、これからも私たちは広島県、さらには中国地区での小動物夜間診療の充実を求めて、邁進してまいります。

2015-09-10 | Posted in UncategorizedComments Closed 

 

STAFF

当院は常勤スタッフ4名と広島県獣医師会員である広島夜間救急動物病院賛同会員サポート診療獣医師により年中無休で診療を行っております。
診察予約・受付は午後30分より午前30分まで
診察は午後時から翌午前時まで
診察終了後、当日中に治療内容、検査データをかかりつけの動物病院にFAXまたはE-mailで報告し、滞り無い引き継ぎを行います。

 

院長 幸 辰憲  獣医師
戸田 泰子 獣医師
岸本 祐也   動物看護師

 

会員獣医師

2015-09-05 | Posted in UncategorizedComments Closed 

 

最新の機器

当院ではICU装置、内視鏡、エコー、レントゲン、血液検査機器、麻酔機など最新の医療機器を必要に応じて駆使しながら診察を行っています。

2015-09-05 | Posted in UncategorizedComments Closed 

 

診療費について

当院を受診の際は、初診料8,640円(税込)の他に、検査料や処置料が必要になります。

手術が不要な重症の内科疾患の場合、診察料、検査料、処置料等、合計で25,000円を上回る事が多なっております。

当院でよく行われる処置の合計料金

(初診料及び検査料、処置料を全てを含めて)

 ・軽度の下痢・嘔吐(13,000円~)

 ・誤食時の催吐処置(15,000円~)

 ・雄猫の尿道路閉塞解除(18,000円~)

 ・帝王切開(100,000円~)

 ・胃捻転整復手術(200,000円~)

 ・その他開腹手術(100,000円~)

但し、動物の種類、体重、状態等により変動します。

診療費については診療後一括支払いを原則としておりますが、手術などで支払いが高額になる場合は事前に見積額の半額を内金としてお支払い頂いております。

2015-09-05 | Posted in UncategorizedComments Closed